【重要】セブマクタン空港新ターミナルオープン

みなさんこんにちは。
Cebu Blue Ocean AcademyスタッフのHAYATOです。

6月28日に関係者向けにプレオープンされたセブマクタン空港に視察に行きました。
今回のブログではその模様をお伝えします。

New-Cebu-Airport_2_CNNPH

セブの空港ってどんなところですか?

セブにある空港はマクタン・セブ国際空港といいます。英語ではMactan Cebu International Airportで、略してMCIAと表記されることもあります。マクタンとは、島の名前でセブ島本島とは2本の橋で結ばれています。Cebu Blue Ocean Academyもマクタン島にあり空港からアカデミーまでは車で通常30分ほどです。

またセブはフィリピンの中部にあるため、国内のハブ空港としても使われます。そのためセブはマニラ、ダバオ、パラワン、ボラカイなど国内旅行への拠点としてとても便利です。

どうして新ターミナルができるんですか?

これまでマクタン・セブ国際空港にはターミナルが一つしかなく、国際線、国内線ともに一つのターミナルで離発着をしていました。ですが、近年セブへの観光客の増加に伴う航空路線の増加により、追加のターミナルが必要となりました。そこで2014年にマクタン・セブ国際空港再開発プロジェクトが発足し今回のニューターミナル開設に至ります。

いつからオープンしますか?

2018年7月1日(日)からオープンします。

新ターミナルにどのフライトが発着しますか?

新ターミナル(ターミナル2)には国際線が発着します。旧ターミナル(ターミナル1)は7月1日以降、国内線専用ターミナルとして運用されます。フィリピンの航空会社だと同じ航空会社でも、国際線と国内線によってターミナルが異なるので注意が必要です。

36177090_2327197537347010_658236740640702464_n.jpg Mactan Cebu Airport公式HPより

建物の特徴は?

〈外側〉
最大の特徴は波をイメージして作られたという屋根です。色はウッド調になっており、自然を感じられるナチュラルテイストになっています。フロアは3階建てで1階が到着フロア、2階がシャワールームと休憩室、3階が出発フロアとなっています。

New-Cebu-Airport_3_CNNPH.jpg〈内側〉

昨日実際にターミナル2に入って印象的だったのは香りです。木材がふんだんに使われておりまるで森の中にいるかのようなリラックスできる木のにおいがします。そして3階のフロアは天井が高く広々とした印象を受けました。
IMG_2415.jpg

入国、出国の流れはどのような流れですか?

これからこのターミナルを使う人が最も気にしているのが実際に入国出国で空港を使うときにどのような流れになるかだと思います。以下にご紹介します。

〈出国の流れ〉

  1. 入館
    簡単な持ち物チェックを受けます
  2. チェックイン
    こちらがチェックインカウンターです。チェックインカウンターはゲートA-Dに各12窓口と、ゲートSのカウンターが20窓口あります。ここでボーディングパスを受け取り、荷物を預けます。
    IMG_2424.jpg
  3. 出国審査
    こちらで出国印をパスポートに押されます。
    IMG_2443.jpg
  4. 手荷物検査
    機内持ち込み荷物の確認をここで行います。ベルトコンベアーに乗せてスキャナーを使って検査されます。
    IMG_2448.jpg
  5. 搭乗ゲート
    あとは搭乗ゲートへ行き搭乗開始を待つだけです。ゲートの数は多くないですし、ゲート番号がわかればゲートの行き先案内がでているので迷わないでしょう。パスポートと搭乗券(ボーディングパス)はすぐに出せるようにしておきましょう。
    IMG_2460.jpg

〈入国の流れ〉

  1. 到着
    入国審査、パスポートコントロールへと向かいます。案内表示がでているので迷うことはないかと思います。
    IMG_2494
  2. 入国審査
    入国審査カードと税関申告書と記入してパスポートを持って入国審査を受けましょう。メガネや帽子は取って本人であることが証明できるようにしましょう。
    IMG_2507
  3. 預け荷物受け取り
    ベルトコンベアーから出てくる荷物を取りましょう。コンベアーは4つありました。

     

  4. 荷物検査
    館外に出る前に荷物検査を受けることがあります。申告対象となるものを持っていれば、漏れなく申告しましょう。


ピックアップを依頼したけどどこにいったらいいですか?

ターミナル2の出口は一つだけです。空港の自動扉を出たすぐのところに青いユニフォームを着用し、Cebu Blue Ocean Academyのプラカードをもったスタッフがいます。見つけたらスタッフにお名前をお伝え下さい。
IMG_2561.jpg

空港の設備、店舗などはどのような状況ですか?
〈飲食店、ショップ/出国審査前〉
現時点でチェックイン前に行けるカフェ、軽食店は現時点ではかなり少なかったです。今後、増えるかもしれません。

〈飲食店、ショップ/出国審査後〉
チェックインの後、空港で見かけるものといえば免税店やお土産屋だと思います。免税店、お土産屋とも数は多くないですが、いくつかあります。飲食店は、カフェチェーンやファーストフードチェーン、ラーメンレストランなどもありました。

〈トイレ〉
館内のトイレはこのようになっています。少し数が少なく感じましたが、綺麗な作りになっていました。ですが第2ターミナルの外に出るとトイレはありません。空港から出てくる際は、館内でトイレを済ませたほうがよいです。
IMG_2436.jpg
〈Wi-Fi、コンセント〉
Wi-Fiは6月28日のプレオープンの際には確認できませんでしたが、ターミナル1は問題なく使えるのでターミナル2も同様になるかと思われます。
(追記)7月19日にいったところ問題なく使えました。登録には電話番号が必要となります。
少し気がかりだったのは充電のできるコンセントが見当たらなかったことです。オープン後配備されるかもしれませんが、今のところ空港のコンセントは当てにしないほうが良さそうです。

〈両替所〉
両替所はターミナルの出口付近で見かけましたが、まだ準備中のようでした。7月1日オープンに間に合うかは定かではありません。こちらも期待しないほうがいいかもしれません。
(追記)7/19にいったところこちらオープンしていました。問題なく両替できるようです。
IMG_2547.jpg

〈携帯SIM〉
空港出口近くにフィリピン通信大手のGlobe社の受付がありました。こちらで携帯SIMを受け取ることができます。ですが、SIMのお渡しはアカデミーで無料で行っておりますので、空港で買う必要はあまりないかと思います。

〈ターミナル間移動〉(追記)
7月20日時点でターミナル間を走るシャトルなどはありません。2つのターミナルは歩いて5分程度の距離ではありますが、連絡通路などはなく駐車場を横切って行かなければなりません。今後シャトルバスを運行するとのことでしたが、開通の予定日はわかっていません。

最後に
今回は来月1日に迫った、マクタンセブ国際空港の新ターミナルについてご紹介しました。空港自体まだ準備中の部分もありますが、ターミナル2に着けば異国のリゾートに来たのだと空港の様子からすぐに実感できるかと思います。Cebu Blue Ocean Academyスタッフ一同みなさんのお越しをお待ちしております!!

WEB SITE(日本語):
HTTP://WWW.CEBUBLUEOCEAN.COM/BLUEOCEAN_JP/INDEX.HTML
FACEBOOK:
HTTPS://WWW.FACEBOOK.COM/CEBUBLUEOCEAN/
日本人スタッフ HAYATO
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中