渡航準備情報 〜あったほうがいい持ち物〜

こんにちは。
Cebu Blue Ocean Academyの日本人スタッフのHAYATOです。
前回のブログでは渡航準備情報 〜必ず必要な持ち物〜として最重要な持ち物を6アイテムを紹介しました。今回のブログではあると役に立つもの、もってきたほうがよいもの、6アイテム紹介します。

▶持ってくるべき持ち物★★★
  • 学習道具★★★
    現地でもペンやノートなどの購入が可能ですが、すぐにオリエンテーション・授業が始まるので初期用に準備していきましょう。セブでも買えますが日本のものに比べると質が悪いです。また電子辞書は有効に使えば英語学習の助けになります。Google翻訳を使われる方もいますが、間違いが多いのも事実です。きちんとした学習には辞書のほうがよいでしょう。また、教室にはWifiが通っていないため授業中にGoogle翻訳は使えません。辞書に加えて、基礎文法に不安がある人は1冊日本語で解説した文法書があってもよいかもしれません。

 

  • 日焼け、暑さ対策★★★
    セブは年中、夏のような気候が続きます。日中は日差しがかなり強いです。日焼け止めクリームやサングラス、日傘、帽子を持参して使用する事をオススメします。汗拭き用のタオルもあるとよいかもしれません。どれもセブで買えますが日本からもっていったほうが確実でしょう。

4190992daab245eba7def11d800b6ff3_s.jpg

  • ノートパソコン、USB★★★(※ビジネスコースではPC持参が必須)
    英語学習に使える動画や映画を鑑賞をしたり、授業ではプレゼンテーショ ンを使って発表をすることもあるので、準備にも使えます。
    Wi-Fiは寄宿寮、アカデミー内で使用できる他、外出時にカフェなどでも使用できる場所が多いです。USBの持参もオススメします。リスニング教材の音源は生徒さんのUSBにコピー可能です。

1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s.jpg

▶より快適な生活のためあるとよい持ち物★★
  • 水筒★★
    学校内、寄宿舎内には全フロアにウォーターサーバーがあります。セブは年中暑いので、水を飲むことも多くなりがちです。その際に水筒があると持ち運びに便利です。セブでも水筒は買えますがプラスチック製の保温機能のないものがほとんどなので、日本から水筒をもっていくと便利です。

7b8aefa9a89eac824abccc4cea90161d_s.jpg

  • 水着★★
    海やプールに行く機会がたくさんあるので、 持参する事をおすすめします。現地で購入も可能ですが、好みのデザインがあるとは 限りません。セブの綺麗な海、リゾートプールを見ていると、泳いだり遊んだりしたくなるでしょう。

    B_bluephoto2__14337495491

    内部寮のプール。学生は使い放題。

  • 羽織もの★★
    セブは年中通してとても暑いですが、建物内では空調により寒く感じることもあります。また体調を崩し寒気がする場合などにも備え、一枚はカーディガン、パーカーなどの羽織ものがあるとよいです。

dcd9513cbb3b8e5550d17862bab804de_s

 

今回は「持ってくるべき持ち物」「より快適な生活のためあるとよい持ち物」を3点ずつ紹介しました。荷造りの際に参考にしていただけたら幸いです。
次回は「あったら役に立つもの」「セブで手に入れるのが難しいもの」を紹介します。
ぜひご覧ください。

 

WEB SITE(日本語):
HTTP://WWW.CEBUBLUEOCEAN.COM/BLUEOCEAN_JP/INDEX.HTML
FACEBOOK:
HTTPS://WWW.FACEBOOK.COM/CEBUBLUEOCEAN/
日本人スタッフ HAYATO
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中